ファイナンシャルプランナー

合格率

トップページ

“合格率”と合格は別?

目標を明確にする

本試験は年に3回

勉強時間を確保する

何より“実行”が大切

「フォーサイト」の長所

決まっている範囲

「フォーサイト」ならでは

戦略立案ノウハウの一端

  1. Home>

「フォーサイト」ならでは。 “戦略立案のノウハウ”

私は、「フォーサイト」の通信講座で2級ファイナンシャル・プランニング技能士検定試験に挑戦し、見事合格しました! 私が勉強を始めたのは、地元の金融機関に勤め始めてからのこと。さまざまな情報を集めるうちに「フォーサイト」の通信講座を知り、これなら頑張り通せると確信したのです。しかも、やればやるほど専門知識が身に付くので、楽しく学べたことを覚えています。
資格試験に関しては、どの資料を参考にしても、やる気が大切! 最後まで諦めないことが肝心! モチベーションを維持すること!……そんなアドバイスが並んでいます。仕事との両立は、いくら固い決心をしたとしても大変なことには違いありません。時間がなくなると「今日は休んで、明日は倍の時間やろう」などと考えがちに。
これは、失敗への落とし穴。毎日コツコツ積み重ねなければならないのです。独学だったら、とうに諦めていたかも知れません。

一人でテキストを開き、メディア教材を視聴して講義を受ける通信講座。はたから見れば同じ状況に見えたかもしれません。が、「フォーサイト」ならまったく違います。テキストや教材の良さ、それはお伝えしました。それらのアイデアだけでなく、いわばメンタル面までフォローが行き届いているのには驚かされました。
送られてくるテキスト類の中で、最後まで熟読したのが『戦略立案編』の冊子。ただやみくもに勉強するのではなく、“短期合格をするための「戦略立案のノウハウ」を理解し、自らの戦略を立てる”ためのアドバイスが満載! まずはレースに例えてゴールまでの距離を測ります。その公式によると、移動距離=「検定試験までの日数」×「1日あたりの走行距離」×「1時間あたりの走行距離」で決まるとのこと。

では、自分はどうなのか? を考えます。
・1日にどれくらい勉強時間が確保できるのか?
・1時間あたり、どれくらい勉強がはかどるのか?
次に、スタートダッシュ型か、後半スパート型か、一定スピード保持型か見極め計画を立てるのがいいとのアドバイスが……もう少し時間を増やせないか、効果的な学習方法ないか、を検討することきっと目的地に辿り着けますよ。