ファイナンシャルプランナー

合格率

トップページ

“合格率”と合格は別?

目標を明確にする

本試験は年に3回

勉強時間を確保する

何より“実行”が大切

「フォーサイト」の長所

決まっている範囲

「フォーサイト」ならでは

戦略立案ノウハウの一端

  1. Home>

試験のことを整理して、 目標を明確にすること。

金融業界や保険業界では必須ともいえるのが「ファイナンシャルプランナー(FP)」の資格です。私自身もその意識を強く持って、「2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験」に臨んだものです。検定試験に関しては、少し複雑なところがありますから、改めて整理しておきましょう。そうすれば、目標が明確になり、やる気が湧いてきますから。
現行では、ファイナンシャルプランナーの資格認定を行っている組織は2つ。

「特定非営利活動法人 日本FP協会(日本FP協会)」
「社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)」

それぞれ独自の認定があるため、名称や分け方に若干の違いがあります。また、受検資格についても注釈が付いているので、確認してから目標設定を行ってください。
このサイトでは「2級ファイナンシャル・プランニング技能検定試験」をベースにお話しをしていますから、受検資格にも「実務経験2年以上」「3級合格者(金融渉外技能審査3級も含む)」「日本FP協会が認定するAFP※1認定研修の修了者」という注釈が付いています。

私が学んだ通信講座の「フォーサイト」では、「ファイナンシャルプランナー通信講座2級・3級」が受講可能でした。2級を受講すれば3級はまったく問題ナシ、受検はどちらでも大丈夫です。しかも、日本FP協会の認定校なので、通信講座を受けることで「AFP」※1研修修了者とみなされるため、合格すればダブルライセンスを取得できるのです。努力の甲斐があり、業務の幅が広がることから、2級合格を目指して正解でした。

まずは3級から……と、考えがグラついたこともありましたが、「フォーサイト」の通信講座で勉強をしていくと、“やっぱり2級を!”と励まされたものです。実績を上げている講義に引き込まれ、合格を勝ち取ることができました。
※1:アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナーの略。日本FP協会の登録商標であり、普通FP資格のことを指しています。ワンランク上の「CFP」はサーティファイド ファイナンシャル プランナーの略で、米国CFP BOARDの登録商標。ファイナンシャルプランナー資格としては最上位であり、国際資格として位置づけられています。