ファイナンシャルプランナー

合格率

トップページ

“合格率”と合格は別?

目標を明確にする

本試験は年に3回

勉強時間を確保する

何より“実行”が大切

「フォーサイト」の長所

決まっている範囲

「フォーサイト」ならでは

戦略立案ノウハウの一端

  1. Home>

戦略立案ノウハウの一端。 勉強時間のひねり出し方。

1日24時間は皆に与えられています。「ファイナンシャルプランナー(FP)」を目指すなら、あと1時間でも2時間でもあれば……。検定試験までにどれくらいの勉強時間が必要なのかは、公式に当てはめてみてある程度予測が付きました。少しでも多くの勉強時間をひねり出す秘訣があれば教えて欲しいものです。と、その答えは『戦略立案編』に載っていますよ。
普通に生活していれば気づかないことでも「フォーサイト」はきっちりとアドバイス。そんなところが実績の裏付けになるんです。合格点を狙う講座内容や講師の優秀さ、テキスト・教材の使いやすさ、そしてアドバイスの細やかさが受講者の安心感につながるのです。

◎限られた生活時間から勉強時間を捻出する方法
・削れる時間を見つけたら、思い切っては削り勉強に回しましょう。
・“二重に使える時間”なら、無駄にせず勉強しましょう。
・すき間の時間を見つけたら、テキストやCDを活用しましょう。
・平日は早起きをして、午前中(通勤前)に勉強しましょう。
・早起きが苦手なら、通勤時間を工夫しましょう。

受検までは余暇(英語ならレジャー)は諦めたほうが良さそうです。一発合格しなければ、“受検まで”が二度も三度も続いてしまいます。何も削れる時間=余暇ではありません。テレビや新聞、友人とのメールなども意外と時間を取られるもの。ゲーム・ギャンブルはもってのほかです。

さて、「二重に使える時間」とは何でしょうか? トイレや通勤・通学時間、昼食などが当てはまります。ここで時間を有効活用し、一つでも二つでも専門用語を覚えるよう努めてください。「すき間の時間」は待ち合わせやコーヒーブレイクなど。
「フォーサイト」のテキストならB5サイズで持ち運びに便利。カバンから取り出して眺めたり、CD講座を聞くだけでも効果が上がることは間違いありません。「早起き」だけでなく、早起きが苦手な人向きに、「早めに職場に向かい、近くのカフェで朝食を取りながら勉強するとよい、といったことが書いてあります。
これまでの内容はどうでしたか? ヒントになりましたか? まだまだ続き今回はここまでにしましょう。

続きはまたの機会に! おしまい!

[LINKS]FP合格率が高く、口コミで有名な通信教育
[LINKS]日本FP協会サイトはこちら
[LINKS]通学でFPを学ぶならTAC