ファイナンシャルプランナー

合格率

トップページ

“合格率”と合格は別?

目標を明確にする

本試験は年に3回

勉強時間を確保する

何より“実行”が大切

「フォーサイト」の長所

決まっている範囲

「フォーサイト」ならでは

戦略立案ノウハウの一端

  1. Home>

「学科+実技」で20%超! 高い合格率と年3回の試験。

資格試験で気になるのは“合格率”。「行政書士」や「社会保険労務士」など、“法律関係は難関”だというイメージがありますが、その通り。合格率は決して高くはありません。しかしながら、それらに比べると倍以上の合格率になっているのが「ファイナンシャルプランナー(FP)」。学科試験と実技試験の2つが課せられますが、ここ数回の合格率は20%を超えています。しかも、年3回試験が実施され、片方合格していれば、もう片方は免除になるケースも。どちらか一方だけでも合格を、と考えれば合格率は30%に跳ね上がります。でも、だからと言って「片方ずつ合格すればいいや」とは考えないでください。しっかり準備をすれば、一発合格は可能です。このサイトは、そのヒントを披露しようと思い開設しました。きっと、参考になることがあるはずです。

[LINKS]FP合格率が高く、口コミで有名な通信教育
[LINKS]日本FP協会サイトはこちら
[LINKS]通学でFPを学ぶならTAC

どうして「FP」を受検?“合格率”が高かったから!?

私が「ファイナンシャルプランナー(FP)」の本試験を受けた理由? それは“合格率”が思った以上に高かったから。どんな資格試験でも一緒ですが、“合格率”は気になるものです。これから受検を考えているみなさんのために、ここ数回分のデータをチェックしておきましょう。ご存知のようにファイナンシャルプランナーになるための試験(=ファイナンシャル・プランニング技能検定試験)では、「学科」と「実技」両方の試験に合格しなければなりません。どちらか一方に合格していれば、もう片方は少し遅れての合格でも有資格者になることができます。ただ、だからと言って一方ずつ合格すれば良い、とお勧めしているのではありません。あくまで一度で合格できるように頑張ってください。

学科試験
  受検者(人) 合格者(人) 合格率(%)
2009年1月 18,212 4,752 26.09
2008年9月 17,197 6,696 38.94
2008年5月  16,185 6,633 40.98
2008年1月 21,644 8,403 38.82
2007年9月 17,834 3,866 21.68
実技試験(資産設計提案業務)
  受検者(人) 合格者(人) 合格率(%)
2009年1月 18,724 5,829 31.13
2008年9月 17,128 5,827 34.02
2008年5月  15,600 5,456 34.97
2008年1月 17,623 5,020 28.49
2007年9月 15,266 5,948 38.96
学科・実技(資産設計提案業務)同時受検者の場合
  受検者(人) 合格者(人) 合格率(%)
2009年1月 15,144 3,154 20.83
2008年9月 13,904 3,613 25.99
2008年5月  12,701 3,248 25.57
2008年1月 16,406 3,522 21.95
2007年9月 13,311 2,605 19.57

どうでしょうか? この“合格率”なら大丈夫! 頑張れば行ける!! そんな風に思ったはずです。さぁ、合格を目指してスタートしましょう。